日本の黒い霧

1949年(昭和24年)7月5日、国鉄初代総裁・下山定則氏が通勤途中に失踪。
翌日未明に礫死体となって発見された。
昭和の三大国鉄ミステリーのひとつ下山事件である。
画像
当時、アメリカの支配下にあったわが国は、民主化を意図した労働組合活動の自由化による共産勢力の拡大によって、GHQは『赤化』抑制へ向かっていた。一方日本政府は『経済安定9原則』、いわゆるドッジ・ラインを提示され、企業・団体・公務員の大量解雇を迫られていた。
その一番のターゲットが、満州などから多くの引揚者を受け入れ、戦前の2倍規模に膨れ上がっていた『運輸省鉄道総局』である。
吉田内閣はこれを『日本国有鉄道』に分離し、10万人規模の人員整理を行い、ドッジ・ラインの手本とすることを画策。その初代総裁に就任したのが、運輸次官の下山定則であった。

ところが、就任から1ヶ月あまりたった7月5日朝、専用車で自宅から国鉄に向かっていた下山総裁が運転手に「5分ばかり待っててくれ」と言い、日本橋の三越本店で車を降り、そのまま失踪。時間は9時37分。
その後の捜査で、下山は三越本店内、地下鉄浅草駅などで目撃されたのち、午後2時頃に東武線五反野駅前の『末広旅館』に現れる。そして午後5時半頃までひとりで旅館に滞在していた事がわかっているがその後は不明。

午前11時30分頃、下山総裁行方不明の通報を受けた警視庁は、午後5時頃に公開捜査に踏み切った。
しかし、手がかりは得られず、翌日午前0時すぎに東武鉄道の運転士が線路上の礫死体を発見。
綾瀬駅の駅員が駆けつけると、そこには裸で首のない胴体がうつ伏せで横たわっていた。
残された着衣の検分により、『日本国有鉄道総裁 下山定則』と書かれた名刺が発見された。
画像
警察は当初、『首切り』という過酷な任務に耐えかねた末の自殺とみていた。
しかし、司法解剖の結果、礫断面に生活反応が無い事などにより、『死後轢断』との判断を下す。
ところが、7月11日付けの毎日新聞で、この鑑定に異を唱える記事が掲載される。

警察内部でも、自殺説を押す警視庁一課と他殺を唱える二課という形で、新聞紙面をにぎわせ、世論も注目の事件となった。

結局、8月3日に開かれた合同会議では捜査二課の見解は無視され、一課の自殺論が結論とされるも、公式に発表される事はなかった。
その理由については、共産勢力(労働組合)による他殺を臭わせることで、赤狩りと国鉄職員の解雇に利用しようとしたGHQや政府からの圧力がかかったという説がある。
こうして、捜査は打ち切られ、迷宮入りとなったのでした。

謎だらけの事件ではあるが、当時、大論争となった『下山事件』。
当然のごとく、この事件に関する書籍も多数出版された。
中でも、松本清張氏が昭和35年『文芸春秋』誌に衝撃的な新説を発表する。
『日本の黒い霧~下山総裁謀殺論』この本は昭和37年に単行本化され、ベストセラーとなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック