テーマ:

暗闇を生むラッパ

1974年4月5日未明、エジプトの首都カイロとその周辺地域で突然、大停電が発生した。 当局は『原因不明』と発表したが、一部の民衆の間で「ファラオの呪いだ!」と騒ぎ立てられた。 「停電はあのラッパを鳴らしたせいだ。他に考えられない」 あのラッパとは、ツタンカーメンの王墓から発見された副葬品の一つ。 停電が起きた日、考古学関係者…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

キング暗殺事件

1968年4月4日、マーティン・ルーサー・キング牧師 暗殺 公民権運動の指導者であったキング牧師の暗殺は、JFKに次ぐ『アメリカの偉大な損失』といわれる程の大事件でした。 1925年生まれのキング牧師、’54年にアラバマ州モンゴメリーのバプティスト教会の第20代牧師に就任し、翌年にはボストン大学で神学博士号を取得。同年12月には市営…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

梅を愛した学問の神

今日3月26日は『学問の神様』菅原道真のご命日。 右大臣として、政治改革を推し進め、天皇からの新任も厚かった道真。 しかし、その権勢を苦々しく思っていた左大臣・藤原時平の陰謀によって大宰府(九州)に左遷されてしまう。 道真が都を追われたのは901(延暦元)年の2月。 彼が好きだった自邸の梅の花が澄んだ青空に向かって、可憐な花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ動物に注目!

1975年2月4日午後7時36分6秒、中国の中華人民共和国遼寧省海城市一帯でマグニチュード7.3の大地震が起きた。いわゆる海城地震である。 震源地の真上、丁家溝(ちょうかこう)という地域では、この地震により約80%の家屋が倒壊し、町にある9箇所の貯水池は全て決壊した。 しかし、この町では地震による死者は1人もでなかった。なぜならば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日は仲直りの日

いつもながら、ごっついご無沙汰しております。 気が付くととっくに9月に入っておりまして、学生達も夏休みボケも取れた頃でしょうか? 台風だ豪雨だゲリラだ、とさわぎつつも時には真夏を思わせる暑い日差しが照りつける事もありますが、日が沈むとすっかり涼しくて、虫の声も秋の音色に変わってまいりました。 皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

99歳の夏

8月に入ったものの、気温はさほど上がらず日々過ごしやすい関東地方でございます。 されど、8月。このまま夏が過ぎていくわけがありません。来るべき猛暑日にそなえて、夏バテ防止につとめましょう。 さて、話はかわりますが、本日はラウル・グスタフ・ワレンバーグ(Raoul Gustaf Wallenberg)の誕生日で、生誕99年になりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎が封印された日

3年前の2008年6月17日~宮崎勤、死刑執行。 思い返すと、3年前の当日もこの件に関してのブログをアップしておりました。(http://boo-zhoo01.at.webry.info/200806/article_3.html) 彼の死刑が執行される以前、私は世の中の多くの人と同じように、報道されている事が事件の真相であるな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

二人の秘密のメロディ

明日、3月26日は『楽聖』と賞される天才作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの御命日です。 彼が40歳となった1810年に作曲された傑作に『エリーゼのために』がある。 優しく親しみやすいピアノ曲で今も世界中で愛され続けている。 ピアノを習う人が練習曲として位置付けられることもあるが、繰り返して聴いたり弾いたりするたびに感慨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の怪死事件

今から22年前の1989年(平成元年)2月24日、福島県の現・田村市都路町岩井沢の会社員・Kさん(25)が自宅を出たまま、行方がわからなくなってしまった。家を出たのは午後10時ごろだという。 家族からは捜索願が出ていた。 そして、同月28日になり彼は思いもよらない場所で発見される。 28日午後6時20分ごろ、都路村古町~の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

事実は小説よりも奇なり

1926年12月4日土曜日、イギリス南東部のサリー州ギルフォード近くのニューランズ・コーナーの脇道で、車が草むらに突っ込んでいるのが発見された。 ライトが付けっぱなしだったものの、車内には誰もいなかった。 その後、警察の調べで、車の所有者はアガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティーと判明。そう、あの『ミステリーの女王』といわれたアガサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇談を欲す師走かな

早いもんで、いよいよ師走です。 関東地方は、実に暖かい12月のスタートでした。 残り一ヶ月、ポカポカ陽気でいて欲しいもんです。 で、本日は曲亭馬琴こと滝沢馬琴のご命日でございます。 本名は滝沢興邦(たきざわ おきくに、瀧澤興邦)で、後に解(とく)と改める。 代表作は『椿説弓張月』『南総里見八犬伝』。ほとんど原稿料のみで生計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『嘘つき』を検証

文政元年10月21日、言い換えると1818年11月19日は、日本で初めて銅版画を製作したことでも知られる江戸後期の画家司馬江漢(しばこうかん)が亡くなられた日です。 江漢は、蘭学や天文学にも造詣が深く、『阿蘭陀茶臼(おらんだちゃうす)』と呼ばれたコーヒーミルや補聴器などの製作・販売も手がけるなど、各方面で才能を発揮した。 そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は預言者?

昨日の10月19日は、児童書として誰もが知っている『ガリバー旅行記』の著者ジョナサン・スウィフトのご命日でした。 物語は、主人公であるイギリスの船医ガリバーは旅に出ることが自分の『運命』であると感じ航海に出て、決まって船は難破し奇妙な国々に漂着する荒唐無稽なお話。 架空の国々を巡る旅行記の中でただ一つ実在の国を訪れているのだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天から○物を与えられた女

1982年9月15日、突然の訃報が世界を駆け巡った。 グレース王妃死去・・・。 グレース・パトリシア・ケリーは、1929年11月12日、アメリカのペンシルベニア州フィラデルフィアの新興財閥の家に生まれた。ハイスクール卒業後は女優を志し、両親の反対を押し切って単身ニューヨークで学んだ。 モデルや舞台女優として活動後、1951年、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『プリンセス』という作品

1997年8月31日、突然の交通事故でこの世を去ったダイアナ元英国皇太子妃・・・。 世界中から愛された美しきプリンセスは、なぜ死ななければいけなかったのか・・・ 2008年4月、英国の高等法院はダイアナの死因を『運転手の飲酒とパパラッチの追跡による事故』によるものと断定。事故直後から囁かれていた暗殺説を否定した。 しかし、この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『アメリカの一部』と言われた男

お盆休みの真っ只中、皆さん、いかがお過ごしでしょうか? あいにく、私は珍しくお仕事三昧でして、夏のお休みは返上でがんばっております。 ところで、明日8月16日はアメリカが生んだスーパースター『エルヴィス・プレスリー』のご命日です。 若い方には、『白いジャンプスーツで踊るモミアゲデブ』くらいの認識しかないかもしれませんが、間違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

は~なが咲いた♪くっさい花が~♪

世界最大の『花』と言われるショクダイオオコンニャクが22日夕、東京都文京区の東京大付属植物園(小石川植物園)で咲いた。国内での開花は6例目。 ショクダイオオコンニャクはインドネシア原産の希少種。突き出た軸(茎)のまわりに数千の雄花と雌花があり、花弁のような赤紫色の葉が取り囲む。ろうそくを立てた燭台(しょくだい)に似ているためこの名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

63年目の謎

今から63年前の1947年7月2日、アメリカ合衆国ニューメキシコ州の南東部の田舎町ロズウェル郊外のフォスター牧場で奇妙な出来事が発生した。 その日、牧場の管理人マック・ブレイゼルは、幅100m、長さ1.2kmほどにわたって散らばる大量の金属片を発見した。中には直径1.2mに及ぶ円盤状のものもあったという。 これが、世に言う『ロズウェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界三大美女のもう一人も日本で死んだ?

歴史上、中国大陸と日本の間には様々な交流があった。 その中には、遣隋使・遣唐使に代表されるような国家どうしの正規の交流もあれば、史実として残されなかったものもある。 たとえば、秦の始皇帝の命により不老不死の薬を求めて来日したとされる徐福の伝説のように、日本各地に点在する言い伝えとして後の世に残されたものもある。 『徐福伝説』同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎の美少年

寛永15年2月28日(1638年4月12日)といえば、あの島原の乱の終結した日です。 15~16歳の少年が、虐げられた民の為に立ち上がり、権力者に真っ向勝負挑む・・・。こんな話に我々日本人はめっぽう弱い。それが、美少年ともなればなおさらである。 『マリア様のように美しい顔立ち』『女が見れば一目惚れする』などと伝えられる天草四郎時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バミューダ伝説のはじまり

「メーデー、メーデー。 大陸を見失った。 大西洋がいつもと違って見える・・・」 1945年12月5日15時15分、フロリダ州のフォート・ローダーデール海軍航空基地に緊急無線が飛び込んできた。 発信者は14時10分に基地から訓練飛行に飛び立った5機のアベンジャー編隊、編隊名『フライト19』である。 同編隊にはチャールズ・テイラー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『芭蕉』の素顔

明日、11月28日は俳聖と呼ばれた俳人・松尾芭蕉のご命日です。 そうです。あの『奥の細道』で有名な芭蕉です。 実はこの松尾芭蕉という人物、謎多き方なんです。 1644年に伊賀上野(現・三重県伊賀市)の農家に生まれたんですが、生家の松尾家は元来、伊賀市北部を勢力地盤とした有力地侍で、伊賀上野藩からは『無足人(むそくにん)』という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダーウィンに消された男

『進化論』と言えば自然と出てくる名前がチャールズ・ダーウィン。 彼の著書『種の起源』も有名で、この論文を読んでいなくても名前くらいは小学生だって知っている。 しかし、この『種の起源』は、無名の研究者の論文を盗用したものだったとする説が囁かれ続けている。 本日11月7日は『ダーウィンに消された男』アルフレッド・ラッセル・ウォレス…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

40年前の?

もう、昨日になってしまいましたが、7月20日といえば、『20世紀最大の偉業』と言われた歴史的出来事があった日です。 あれから40年・・・ 1968年7月20日午後4時17分(アメリカ東部夏時間)、アポロ11号のニール・アームストロング船長は人類で初めて月面に降り立ったのでした。 しかし、この月面着陸は捏造だったという説が後を絶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最上の男よりも悪い夫はほかにいない

本日、4月23日は『ハムレット』『リア王』などで知られる文豪ウィリアム・シェイクスピアの命日(?)という事になっています。 史上最高の劇作家と賞賛されながら、研究者の多くが「ほとんど何も知られていない、謎の人物」といわれるシェイクスピア。 実は、これほどの作品を残していながら、実在さえも疑問視されている偉人なんです。 数々…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タイタニックの謎2

つづきです。 さて、タイタニック号沈没の背後に、何らかの陰謀があったのではと囁かれはじめたのは、航海の直前に乗船をキャンセルした大富豪の存在が判明してからである。 タイタニック号のを所有するホワイトスターライン社の親会社IMMの経営者で同船の真のオーナーのジョン・ピアモント・モーガン氏は病気を理由に乗船を取…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タイタニックの謎1

今年も4月15日が近づいてきました。 1912年4月15日午前2時20分、当時、世界最大の豪華客船だった『タイタニック号』が北大西洋のニューファンドランド島南東沖で氷山に衝突して沈没。1500人以上の犠牲者を出す史上最悪の海難事故が起こった。 ギリシャ神話の巨神族タイタンにちなんで名づけられ、「絶対に沈まない」と言われていた豪華客船…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ひとりで歩いていった・・・

満開の季節です。 新社会人になられた方々も意気揚揚といったところでしょうか? 今週末は花見で盛り上がってる方も多いはずですね。 南米チリから約3800キロ、ミクロネシアのタヒチから約4000キロ、もっとも近い人が住む島からでも約2000キロ離れた南太平洋の東部に位置するイースター島…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

13(金)

 イタリアのベネチアで“吸血鬼”の骨が見つかった。集団墓地で女性の骨が発掘され、その頭蓋骨に中世の悪魔払いの儀式の痕跡が認められたのだ。写真のようにレンガなどで口をこじ開けふさぐ行為は、吸血鬼ではないかと疑われた遺体に対して行われていたものだった。女性は当時流行していた疫病の犠牲者の1人とみられ、苦しみの末に死後にまで疑いをかけられてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡の始まり

1858年2月11日、フランス南西部のルルドに住む14歳の少女ベルナデッド・スビルーは、妹のトワネットと友達のジャンヌの3人で薪拾いに出かけた。普段は近くの森で薪を拾っていたが、その日は少し遠いマサビエル洞窟まで足をのばした。 2人の少女は洞窟近くの川を難なく渡り、ベルナデッドにも早く渡るように急かした。体の弱いベルナデッドが冷たい川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more